静岡天満宮の由緒

 安倍川の流れの中に、雨が降っても嵐が吹いても濁流が襲っても動かない大きな石がありました。

  古代の人々はそこに神が宿っていると信じました。静岡天満宮はそのような原始信仰を出発点と

  して います。

 やがて、菅原道真公が亡くなり「天満自在天神」という神号を追贈されると、各地の天神社は

  道真公を祀り、学問の神様として崇めるようになります。

 静岡天満宮は、道真公のご次男景行公の配流先であり、菅原家と直接結びついている特異な

  神社なのです。

  主祭神菅原道真公(すがわらみちざねこう)

  配祀神少名彦那神(すくなひこなのかみ) *農耕・医療の神

   注) 二柱の神ともに川中天神伝説で伝えられる「天つ神」である。平安末期(時期不詳)に主祭神として菅原道真公

    を祀り神社の形態を保ったと伝えられており、その時に少名彦那神も同時に配祀したとされる。

                                 静岡県神社庁静岡支部 平成十年『改定静岡市神社名鑑 』

 

 詳しくは、以下の記事をご覧ください。

    天神信仰の原点

    特異な静岡天満宮

    四足天神(江戸時代の静岡天満宮)

    景行社(静岡天満宮摂社) 

          『北野天神縁起絵巻(弘安本)』(文化遺産オンライン