耐震補強改修工事事業による拝殿・社務所閉鎖のお知らせ

 静岡天満宮は、耐震補強改修工事のため、以下の4ヶ月間、拝殿及び社務所を閉鎖します。

    平成30年6月26日(火)から10月25日(木)まで

 この期間中、祈願祭等はできません。

 御神札・御守等の授与については、土日祝日の10時から15時まで、静岡神明宮社務所(静岡市葵区屋形町13)にて行います。

 何かお問合せがありましたら、以下にご連絡ください。

    電話:054-251-3759

    FAX:054-270-3792

    メール:spfz8ug9@ion.ocn.ne.jp

 ご不便をおかけしますが、ご了承願います。

    詳しくはこちら>>>

耐震補強改修工事事業に対する寄附のお願い

崇敬者の皆様へ  

「奉納寄附」のお願い (拝殿内に御芳名を記載した「奉納額」を設置致します)

 

拝啓 時下益々御清栄の御事と慶賀に存じます。

 静岡天満宮につきましては 平素何かと御理解、御協力いただき厚く御礼申し上げます。

この静岡天満宮の社殿は戦後に再建されてからすでに52年を経過しており、東日本大震災をはじめ、多くの震災の経験を経て改正されてきた現在の国及び県の耐震設計基準を満たしておりません。そこで、多くの参拝者や崇敬者、関係者の方々が安心して参拝詣でができるようにするため、今回、社殿の耐震補強改修工事に着手することといたしました。

 つきまして皆様には、「掛まくも畏(かしこ)き尊き静岡天満宮の御祭神」が常磐に堅磐に(恒久不変)この社殿に御鎮座なされ、この神様の恩頼(みたまのふゆ)(御加護・御神徳・御恵)を益々高めて頂けますように、この耐震補強改修工事事業に皆様の崇敬のお心を奉納寄附(一口壱万円で、以上何口でも可)というかたちで御参加していただきたくお願いを致す次第でございます。

 なにとぞ今一つご検討いただき、皆様の献納の御協力をお願いいたします。        

神は人の敬いにより威を増し、人は神の徳により運を添う」(御成敗式目より)

        敬具

日本の心を継承する神社は各時代の日本の人々の献納の誠により、今日までの二千余年の長い歴史を培って来ました、この心を後世に引き継ぐのは私達です。            

 古代(いにしへ)の(の) 日本(やまと)の(の)伝統(つたへ) 護持(まもり)継承(つぐ)

 崇敬者(うやまひびと)の(の) 奉献(ほうけん)の(の)真心(しん)

                          平成三十年八月吉日

 

 静岡天満宮 代表役員(宮司)

総代役員一同

(連絡先054-251-3759 奉納寄付期限は9月末までです)

    

    詳しくはこちら>>>

耐震補強改修工事の進捗報告(第3弾)

    第1弾の報告はこちら>>>

    第2弾の報告はこちら>>>

耐震補強壁のコンクリートの打設を終了しました。(8月18日)

 

耐震補強壁の設置・雨樋修理を完了し、足場を外しました。(9月9日)

内装工事に取り掛っています。(9月9日)

合格祈願

受験(入学試験・資格試験)と名のつくものはすべて静岡天満宮へ

  厄除厄払祈願・就職就業祈願なども執り行っております

    詳しくはこちら>>>

受験生の皆様へ

 平成30年新春も、元旦零時の祈願祭をはじめ、例年どおり、合格祈願祭を行います。

    詳しくはこちら>>>

受験生を受け持つ先生方へ

 静岡天満宮では、先生方の受け持つクラスの生徒の皆様全員が希望する学校に合格できますことを心より願っております。

 受験生を受け持つ先生方のご要望もあり、一本(一体)毎に合格を御祈禱した「合格奉紙袋入り合格祈願鉛筆」を用意しております。(10本以上から)

 本年より、五角(=合格)の鉛筆を用意しました。

    詳しくはこちら>>>

 

静岡天満宮には駐車場がありません。近隣の有料駐車場をご利用願います。

平成30年  9月10日

耐震補強改修工事の進捗状況(第3弾)をアップしました。

平成30年  9月10日

「耐震補強改修工事事業に対する寄附のお願い」の改訂版をアップしました。

平成30年  8月18日

耐震補強改修工事の進捗状況(第2弾)をアップしました。

平成30年  8月  7日

耐震補強改修工事の進捗報告(第1弾)をアップしました。

平成30年  6月  5日

「耐震補強改修工事による拝殿・社務所閉鎖のお知らせと寄附のお願い」をアップしました。

平成29年12月18日 ホームページをリニューアルしました。