菅原道真公と梅

 

菅原道真公と梅との関係は深い。

道真公の五条の邸宅の庭前にはがあり、公は常に梅を眺めての生活を送っていた。
公は和歌(やまとうた)にも漢歌(からうた)にも優れた方で、『菅家文草』の冒頭 には

11歳で初めて詠んだ漢詩「月夜見梅花」(五言絶句)が載っているが、これが「」の詩である。

『月夜見梅花』菅家文草

耀如晴雪 月の耀くは晴れたる雪の如し     かがやく月の光は晴れた日の雪のようだ

梅花似照星 梅花は照れる星に似たり       の花は夜空に輝く星に似ている

可憐金鏡轉 (あわ)れぶ可し金鏡の轉(かひろ)きて   空には金の鏡のような月の光がくるめき

庭上玉房馨 庭上に玉房の馨(かほ)れることを    地上には宝石のような梅の花が香っていてすばらしい

              参考《新編日本古典文学全集》岩波書店

 

 道真公は昌泰4年=延喜元年(901)藤原氏との権力争いに破れ、九州大宰府に配流される。

京五条の邸宅を離れる際、庭前のに呼びかけ、以下の和歌を詠んだ。

 東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

(梅の木よ、東風が吹いて春が来たなら、また芳しい花を咲かせておくれ。主人がいない

らといって、春を忘れてはならないよ)

 

 そして道真は延喜3(903)年に大宰府に淡雪が降った時に詠んだ、後集五一四『謫居春雪』(七言絶句)

、これが絶筆となった。さすがに雪を梅花と詠み、最後の最後まで無実を晴らし、都へ戻りたい信念と祈りが詠まれている。

『謫居春雪』菅家後集 五一四
盈城溢郭幾梅花    (あづち)に盈(みち)(くるわ)に溢(あふ)れて幾ばくの梅花(ばいくわ)

猶是風光早歳華    なほ、これ風光(ふうくわう)の早(そう)(さい)の華

雁足黏將疑繫帛   (かり)の足に黏(ねやか)り将(い)ては帛(きぬ)(か)けたるかと疑う

烏頭點著思帰家    (からす)の頭に點(さ)し著(つ)きては家に帰らんことおもふ

(解釈) 

春の淡雪が城(都府大宰府)一面に降り積もって、(京の自宅の梅を想い)

どれほどの梅が咲いたかと思われる。

この雪はやはり日の光に輝く早春の花のようだ、ゆれうごく歳の初めの梅のはなのようだ。

雁の足に雪がついて白色の手紙を付けているかと思われる。(*①蘇武の故事)

烏の頭に白い雪が点をうったようについて頭が白く見え、

これで家に帰られると思う(*②燕の太子丹の故事)

*①蘇武の故事:19年間、匈奴に捕えられていた蘇武が雁の足に白い帛書をつけ、

    これを天子が見つけて武を助け出した。『漢書(蘇武伝)』

*②燕丹の故事:秦に捕えられた燕の太子丹が、黒い烏の頭が白くなったら帰すと言われ、

    白い雪が付いて 白く見えたので、無事帰国できた。『史記(燕召公世家)』  

              *引用文献『新編日本古典文学全集』岩波書店

                         鈴木嚴夫著 『東風吹かば』文芸社

 

 

伝説によれば、梅の木は公を慕うあまり、一夜のうちに大宰府まで飛んでいき、

花を咲かせたという(飛梅伝説)。

ちなみに、五条の邸宅には桜や松もあったが、桜の木は悲しみのあまりみるみる枯れてしまい、松の木は公を慕って飛び去ったが、大宰府まで届かず、現在の神戸市板宿の飛松岡というあたりに根を下ろしたという(飛松伝説)。

 

【 紅梅 】
【 紅梅 】
【 白梅 】
【 白梅 】